学生でもカードローンでお金を借りることができます

消費者金融のカードローンでお金を借りるための条件は、20歳以上で安定した収入があること、となっています。安定した収入があれば、正社員でなくても大丈夫です。パートやアルバイトなど、フルタイムで働いていない人でも申し込めるので、20歳を過ぎて入れば、学生でもカードローンでお金を借りることができます。

とはいえ、やはり学生は社会人と比べると返済能力が低いと判断されるため、借入限度額が低めに設定されます。両親に保証人になってもらうことで多額の借り入れをすることも可能ですが、学生の間は、大きな借金は避けるべきでしょう。

審査については、一般の申し込みと大きな違いはありませんが、ほとんどの金融会社で親の住所を申告する必要があります。両親の同意書などは不要で、申告するだけなので、両親に知られずにお金を借りることも可能です。ただし、返済を滞らせたような場合は、両親に連絡が入る可能性があります。

また、カードローンの審査では勤め先への在籍確認が行われます。そのため、アルバイト先には在籍確認の電話が入ることになります。消費者金融からの電話だとはわからないように個人名を名乗っての電話になりますが、お金を借りることを絶対に知られたくない場合は、アルバイト先の人に「クレジットカードに申し込んだので、確認の電話が入る」などと伝えておくと、怪しまれずに済みます。
アルバイトは、毎月の収入が多いことよりも、同じところで長くアルバイトを続けている方が審査に有利になります。また、同じ学生でも、卒業が近い最終学年の方が審査に通りやすい傾向があるようです。

即日でお金借りる方法を紹介!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です